宮城県 ブログランキングへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
最新の宮城県の地域情報はこちらですΣ(・ω・ノ)ノ!
かんたん相互リンク集
イベントカウントダウンブログパーツ
SEIさんへメッセージ
プロフィール
SEI,
SEI,
< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年12月31日

ケアマネジャーの資質向上

最新の国のケアマネジャーの資質向上に関する検討会の資料が出ていましたので添付します。

<第7回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会資料>
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002rz0x.html

木村構成員提出資料(PDF:349KB)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002rz0x-att/2r9852000002rz47.pdf


議事録はまだ出ていません。

木村構成員の資料をさらっと見た感じでは、研修時間の増加が提案されています。
今の実務研修日数でも休むと結構現場に迷惑を掛けてしまうのに・・・
これ以上研修時間が増えたらどうなるのかと思うとヤバイです( ̄◇ ̄;)
  


Posted by SEI, at 23:22Comments(4)介護関連

2012年12月14日

ケアマネの国家資格化について

日本介護支援専門員協会 国家資格化など提案 Care-news.jp - ケアニュース

 厚生労働省は5月31日、「介護支援専門員の資質向上と今後のあり方に関する検討会」(座長・田中滋=慶應義塾大学大学院教授)の3回目の会合を 開き、日本介護支援専門員協会の木村隆次会長が、ケアマネ資格の国家資格化や施設ケアマネジャーの配置基準の見直しなどについて主張した。

 この日は、ケアマネジャーの今後のあり方を議論するにあたり、各委員が提出した資料に沿ってプレゼンテーションをおこなった。

その中で、木村会長は5月に会員に実施した緊急アンケートの結果を元に、協会としての主張を展開した。

 まず、ケアマネジャーの資格について、木村会長は「介護保険制度だけでなく、日本の社会保障の中できちんとケアマネジメントをできるケアマネジャーを作るべき」と述べ、ケアマネジャーが介護・医療・保健・障害制度を横断的に担当できるよう、ケアマネの国家資格化を主張した。

 具体的には①新ケアマネジャー②移行期の新ケアマネジャー③現任ケアマネジャーの3つのパターンの国家資格取得までのイメージを提示。
 
①新ケアマネジャーについては、4年間(約1800時間)の大学養成課程の卒業者のみに受験資格を絞り、その後、国家試験を経て、資格取得後1年間の実習(インターン)を課した上で、初めて保険適用の仕事ができるというパターン。
 
②移行期間のケアマネジャーの養成については、受験資格を法定資格に限定し、受講試験も現行の60問から200問に見直した試験を実施。その後、専門研修課程Ⅱまでの130時間の研修と現行では必修科目になっていない認知症や医療に関する研修などを課した上で、1年間のインターンを実施。その後、保険適用の仕事ができるというパターン。
 
③現任のケアマネジャーについても、木村会長は国家試験を課す考えを示し、受験資格として「一定期間・程度の実務経験等」を要件とした。具体的には3年の実務経験とスーパーバイザーとして30件の実績を持つなどの例を示したが、居宅・施設・居住系で状況が異なるため、受験要件については、検討会で議論して欲しいと提案した。
 
 次に事業所の独立については「よく国の資料などで併設サービスをもたない独立事業所が10%と算出されているが、我々はこれを独立事業所とは考えていない」と主張。協会として独立事業所を「経済的、構造的、機能的独立を果たしている事業所」と定義し、6年間の猶予期間を設け、国の政策誘導で協会が唱える独立事業所の形に転換するよう要望した。
 
 一方、いわゆる一人ケアマネなどの小規模事業所については、ケアマネジャーが入院などで業務ができなくなった場合、利用者への影響が大きいことから、地域の事業所との連携を義務付けることを求めた。そのことで木村会長は「第三者的な目でケアプランチェックも可能になる」と、質を担保する上でも有効だと説明した。
 
 最後に、施設ケアマネジャーの在り方について、木村会長はデータを交えながら①支援相談員、生活相談員はケアマネジャー資格を有すること(経過措置期間を設ける)②人員基準は100対1から50対1に見直す(専任の場合は加算とする)③法定研修における位置付けの明確化――の3点を主張した。
 次回の検討会は7月9日に開催される予定。
<Care-news.jp ケアニュース>

ケアマネジャーの国家資格化についての記事です。 
そもそもケアマネは一定の資格を持っている人が受けれる実務研修の為の試験であり都道府県の任用資格です。
そして、ケアマネジメントとは、ソーシャルワークの一手法です。
ソーシャルワークを行う国家資格としては既に社会福祉士、精神保健福祉士がいます。
国家資格の際は、この二つの団体とソーシャルワーカーの団体がきっと反対すると思われます。
私としても・・・個人的に言えばケアマネジャーを折角取ったのに更に国家試験を科せられるのは大変です。
自分の場合は②では無いですが・・・かといって③でも無いです。
国家資格の案だとケアマネジャーを取得後更にケアマネジャーとして勤務しないと国家試験を受けれない訳で
ケアマネが余っている今の現状だと、資格取得は一種のステイタスに成りつつある現在。。。
多分、今の配置基準では圧倒的に現任で勤務する現任のケアマネは
はっきり言って少ない訳で
それ以外のケアマネ資格だけを保持してケアマネジャーとして勤務してない人の方が実際は多い訳です。。。


石巻市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
最新の石巻市の地域情報はこちらですΣ(・ω・ノ)ノ!  


Posted by SEI, at 20:55Comments(1)介護関連

2012年12月13日

今年のケアマネの合格率

今年のケアマネジャー(介護支援専門員)試験の結果発表が12月10日に各都道府県で行われました。
今年の合格基準は
● 介護支援: 15点
● 免除なし: 22点
● 甲区分: 12点
● 乙区分: 14点
● 丙区分: 12点
● 乙・丙区分: 3点

そして、合格率の数値は出ていませんが岡野さんの[無料] ケアマネジャー・ケアマネWEB問題集 過去問対策 - 合格発表速報&最終考察によれば19.3%前後との予想が出ています。
去年の合格率が15.3%って考えるとかなりの上昇だとおもわます。

それと・・・私事ですが今回4度目の挑戦でやっとケアマネジャーの試験に合格出来ました。

この岡野さんのサイトでは毎年合格基準の予想をしていまして
今年の岡野さんの予想と結果がこちらです。

● 介護支援: 15点 (当サイト予想16~17で16点) ★当サイト予想と異なった箇所
● 免除なし: 22点 (当サイト予想22点)
● 甲区分: 12点 (当サイト予想12点)
● 乙区分: 14点 (当サイト予想14点)
● 丙区分: 12点 (当サイト予想11点) ★当サイト予想と異なった箇所
● 乙・丙区分: 3点 (当サイト予想3点)


石巻市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
最新の石巻市の地域情報はこちらですΣ(・ω・ノ)ノ!  


Posted by SEI, at 10:47Comments(5)介護関連

2012年12月10日

10日はケアマネの試験結果発表です。

いよいよ今年もケアマネージャー試験の結果発表が10日に有ります。
ネット上には熊本県社会福祉協議会から封筒で「介護支援専門員研修通知在中」と書かれたものが県内の受験者に届いているとの事です。
これは一体どういう事なんでしょう?

そこでケアマネWEB問題集の岡野さんからのコメントです。
管理人 さん : 合格発表前夜、最後の情報提供です。  (昨日 22時15分 )

昨晩の件から一日経ちましたが、発信元が熊本県内の方々から同様の報告を何件か受けました。

土日ということもあり官公庁に問い合わせすることもできず、この点、特別に取材活動をしているわけではありませんので、当方から情報の裏をとることはできません。
別の情報ソースということで探しておりましたところ、mixiのケアマネに関するコミュニティー内でも同様の情報が寄せられていることを確認しました。

いずれにせよ、あと12時間もすれば判明することですが、当方に寄せられた情報から現時点で把握している点は以下の点です。

(1) 当サイトの掲示板又は私信でお送り頂いた方のうち
(2) アクセス元が熊本県内から発信できたと確認できる方(IPアドレスを逆引きして発信元の都道府県が推測できる方)で、
(3) 日本国内のプロバイダーを経由した方(proxyサーバーを経由するなど疑義があるアクセスではない)で、
(4) 当サイトの解答速報に参加して頂いた方(当方で点数が把握できる方)で、
(5) 当サイトの登録歴が1か月以上の方

に絞って、丙区分受験者の方から受けた最低点は、「今のところ」介護支援17(以下)、保健医療11(以下)です。

ただし、上記の点が事実だとして、合格者の方のみに「封筒」が送られているという前提があり、前提を幾重にも重ねた根拠であることには注意です。


ついに、早朝合格発表ですね。去年は8時30分には合格基準が判明しました。
今年も、各都道府県のホームページを注意を払いながら、いち早く情報をお届けする予定です。
朝6時くらいに、解答速報のトップページの一番下に、合格発表速報のリンクを表示しますので、そこからお入り下さい。
携帯(スマホではない)の方用にも、対応致します。

それでは、お休みなさい。



>丙区分受験者の方から受けた最低点は、「今のところ」介護支援17(以下)、保健医療11(以下)です。

このコメントから合格ラインが支援17点、保健医療11点との推測がネット上の掲示板で上がっています。  


Posted by SEI, at 00:13Comments(3)介護関連

2012年10月18日

ケアマネの受験資格について

ケアマネージャーの受験資格は現在基本的に5年以上の実務経験となっています。
がしかし、中には、大学卒業程度学歴を必要ではないかと言っている学者の方もいるみたいですが
実際、ケアマネージャーの質の向上を図る為には学歴だけでしょうか・・・
必要とされるのは現場での実務経験と素質、それにセンスも必要だと思います。
それには長い時間が必要であり、学歴と直接関係は無いと思います。

 
 私は大学で「ケアマネジメント論」の講義を担当しているのですが、半年間毎週講義しても時間が足りないぐらい話したいことはあるのですが、「ケアマネ試験」での出題が2題とは本当に残念でしかたありません。
 「専門員」と言うぐらいなのですから、本当なら大学に「ケアマネジメント学科」があって、卒業後に試験を受けるぐらいの条件にしてほしいと思います。まぁここで愚痴ってもしかたありませんし、皆さんは本当にそうなる前に合格しておく必要がありますね。
http://www.caresapo.jp/shikaku/caremane/kouza/index.html

こちらの引用文は私もケアマネージャーの試験勉強で使っているサイトの先生の今週の記事の一文ですが
今回の記事を見ると
この先生はケアマネージャーの受験資格を大学卒業レベルにしたいみたいです。
個人的に受験資格の変更は反対です。
この文章はまるで上から目線です。、しかも大卒以外の人は今のうちに合格しろとでも言うように思っています。
もしケアマネージャーの受験資格を大学卒業程度に上げる事になれば、受験者の数が減る事を意味します。
ある意味大学卒業以下の人達の分母の数が減れば質は確保出来る。
従って合格率も上昇するでしょう・・・
しかし、それでは、大学卒業者以外の介護従事者には受験のチャンスが無い・・・
現在、福祉資格で高校卒業程度で受験出来るのが介護福祉士、その他社会福祉士、精神保健福祉士は基本的に福祉大卒業程度でないと基本的に受験出来ません
もし門戸を狭くすれば、必要な資格者の数は少なくなります。
実際、福祉施設に社会福祉士の資格を有する相談員を配置されている割合は、少ないと思います。
仮に、相談員の設置基準を社会福祉士にするとします。
そうなるとどれだけの福祉施設が残るでしょうか?
もし、ケアマネージャーの受験資格を上るのなら
相談員の資格も社会福祉士位にすれば良いのかもしれません
きっとケアマネージャーの数は現在多いから大学卒業の学歴を受験資格にして減ったとしても・・・問題ないとでも
この先生は言うのでしょうか?  


Posted by SEI, at 11:20Comments(0)介護関連